R360 キャロル シャンテ

R360クーペ/キャロル シャンテ マツダの名車シリーズ

マツダらしく斬新だったR360

R360

 

庶民にとってマイカーが夢だった1960年代は、造り手にも夢のある時代だった。

 

敗戦の痛手からようやく立ち直ったエンジニアたちは、持てる技術のすべてを使って、よりよいクルマ作りに邁進したのだ。

 

マツダの乗用車第一号となった60年登場のR360クーペも、そんな情熱が息づく一台だった。

 

軽自動車市場で先行するスズキとスバルを追撃すべく、R360はそれらを下回る30万円という低価格で市場に送り出された。ただし、中身は決して安っぽくなかった。リヤに積まれた4ストローク空冷V型2気筒エンジンは、アルミやマグネシウムを多用して、当時としては驚異的な5000回転を許容。

 

ボディにもアルミやプラスチックなどを使って軽量化を測った。サイドウインドウもアクリル製だ。

 

ただし、その性能と価格を実現させるために、プラス2と割りきった狭い後席はマツダが思った以上に不評だった。それを払拭すべく、1962年に発売されたのが、しっかり4人が乗れるキャロルだ。

 

 

キャロルから小型車へ

 

キャロル

 

 

クリフカットと呼ぶ逆スラントリヤウインドウで後席の空間を十分にとったこのクルマのメカニズムも、R360に輪をかけて凝っていた。駆動方式はR360と同じRRだが、搭載されるエンジンはなんと360ccにして冷水4気筒、しかもオートアルミ製という、当時の常識を超える設計だったのだ。

 

静かでスムーズが武器のその設計は、実は小型車への発展を睨んだもの。事実、キャロルにはのちに600ccの小型車版が設定され、同じエンジンをベースに、800ccの初代ファミリアも生まれたのだ。

 

ただし、360ccで4ストローク4気筒のエンジンは気筒あたりの排気量があまりにも小さいことから、低速トルクに欠け、動力性能では後発のライバルに負けてしまった。

 

軽自動車と言えども高性能を競う時代に突入したこともあり、キャロルは必ずしも売れたとはいえない。ならばと1972年に出した後継車のシャンテでは、シンプルな2ストローク2気筒を積むFFで勝負したものの、デザインにこだわった2ドアのみという設定もあって失敗。

 

シャンテ

 

 

以後、マツダの軽自動車はしばらく不振が続く。

 

しかし、1989年にキャロルの名を復活させた2代目は、その懐かしさも含めて人気を呼んだ。

 

つまり、キャロルは立派に人々の記憶に残っていたのである。

 

R360クーペ/キャロル シャンテ マツダの名車シリーズ記事一覧

R360/キャロルの歴史

R360クーペ(1960〜1969年)軽自動車の後部使用頻度は少ないという調査結果から、前席優先の思想で軽量化、ただし、市場ではそれが不評で、人気は長くは続かなった。マツダの合理的かつ理想主義的な思想は、当時の庶民には理解されなかった。初代キャロル(1962〜1970年)R360の失敗から、続くキャ...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ